福島の人物記念館

市町村名 名称 ガイド 問合せ先 TEL
福島市 福島市古関裕而記念館 「オリンピックマーチ」「鐘の鳴る丘」などの作曲で知られる福島市出身の作曲家。古関裕而に関する楽譜や書籍など600点を展示。レコードコンサートやミニコンサートにも利用できるサロン、視聴コーナー、書斎を再現した記念室などがある。 古関裕而記念館 (024)531-3012
会津若松市 竹下夢二資料館 竹下夢二が炭問屋だった現長尾酒店に滞在(明治44年、大正10年、昭和5年)した時の会津に関する作品、手紙等を展示。 長尾酒店 (0242)27-0465
初瀬川ウメ記念館 うるし苗を生育する名家に嫁いだ初瀬川ウメに関する資料や、うるしに関する資料を多数展示。 初瀬川ウメ記念館 (0242)92-3815
郡山市 こおりやま文学の杜資料館 文学資料館と久米正雄記念館からなる。敷地内には散策路も巡らされ、自然を楽しみながら郡山の豊かな風土に育まれた文学に触れることができる。企画展も随時開催。 文学の森資料館 (024)991-7610
いわき市 いわき市立草野心平記念文学館 草野心平の生涯と詩世界を紹介するとともに、年3回の企画展を実施し、国内外の近現代詩の学習・創作の場となることを目指す来館者参加型の文学館。常設展示室では自筆原稿、書簡、朗読が音や光と共に展示され、氏の世界を五感で感じることができる。 草野心平記念文学館 (0246)83-0005
須賀川市 円谷幸吉記念館 東京オリンピックマラソン第3位の故円谷幸吉を偲ぶ品々。*円谷(0248)75-3397 円谷幸吉記念館 (0248)75-3396
喜多方市 田中又一記念喜多方棟瓦館 蔵の町喜多方に多くの仕事を残した棟瓦師、田中又一の記念館。 田中又一記念館 (0241)23-1414
安達町 智恵子の生家 智恵子が愛して止まなかった「ふるさと安達」。明治の初期に建てられた生家には、造り酒屋として新酒の醸成を伝える杉玉が下がり、二階にある智恵子の部屋からは、今にも智恵子が降りてきそうな気配が漂う。 智恵子記念館 (0243)22-6151
智恵子記念館 智恵子の生家の裏庭にあり、当時の酒蔵をイメージした外観になっている。晩年病に侵された智恵子の奇跡といわれる美しい紙絵の世界が広がり、他にも当時の女性としては珍しい油絵の作品や、雑誌「青鞜」の表紙デザインなどが静かに収められている。
只見町 河井継之助記念館 越後長岡藩家老・河井継之助は、戊辰戦争で負傷し只見で永眠しました。ここぬは遺品の数々や介抱した医師矢沢家の資料等も展示しています。 河井継之助記念館 (0241)82-2870
猪苗代町 野口英世記念館 猪苗代町出身の世界的医学者・野口英世の生家を保存。幼少時にやけどを負った囲炉裏や、上京する際に決意を刻んだ床柱などがそのまま残されている。 野口英世記念館 (0242)65-2319
大信村 中山義秀記念文学館 村出身の芥川賞受賞作家・中山義秀の文学的業績を展示。併設のふるさと伝承館では、農家の住居の特徴や昔の人々の暮らし振りを見ることができる。 中山義秀記念文学館 (0248)46-3614
浅川町 吉田富三記念館 町出身で癌の研究で知られる医学者。吉田富三の生涯を展示。研究室の再現や、がん研究の継承と健康についてなどを展示している。 吉田富三記念館 (0247)36-4129
小野町 小野町ふるさと文化の館 図書館、郷土資料館、美術館、丘灯至夫記念館。 小野町ふるさと文化の館 (0247)72-2120
船引町 船引町図書館夢二ルーム 大正の美人画で知られる竹久夢二の資料約500点を所蔵。 船引町図書館 (0247)82-1001
小高町 埴谷・島尾記念文学資料館 現代文学をリードした埴谷雄高、島尾敏雄氏を記念した文学資料館で、著書や原稿が展示されている。 町教育委員会生涯学習課 (0244)44-3049