福島県内博物館

市町村名 名称 ガイド 問合せ先 TEL
会津若松市  若松城天守閣郷土博物館 国・県・市指定の重要文化財をはじめとする会津藩ゆかりの文化財、戊辰戦争の資料などを展示。 市観光公社 (0242)27-4005
福島県立博物館 福島県の自然史を含め、原始から現代までの歴史や文化に関する資料約4,000点を展示。年4回福島県に関するテーマの企画展を開催。金〜日曜を中心に講演会、講座、実演等を開催。 福島県立博物館 (0242)28-6000
 クラシックカメラ博物館 カメラと付属品でカメラ717台、付属品38点で国別に見ますと世界19ヶ国(内国名不明台数11台)「内506台、付属品12点を会津若松市の末廣酒造嘉永蔵内で展示」    末廣酒造  (0242)27-0002
郡山市  ふれあい科学館スペースパーク 郡山駅西口駅前ビル内に平成13年10月オープンの市立科学館。直径23メートルで東北一のプラネタリウムや、科学展示スペースでは宇宙船の操縦、無重力のバランス、月の引力が体験できるコーナーがある。 市教育委員会科学館準備室 (024)936-0201
安積歴史博物館 旧制中学校の教育の歩みと、高山樗牛、久米正雄、中山義秀ら卒業生の遺品。 安積歴史博物館 (024)938-0778
   
いわき市 いわき市石炭・化石館 常磐炭田の資料及び市内で発見されたフタバスズキリュウなど、石炭化石の貴重な資料を展示。地球の歴史や常磐炭田のあゆみなどが分かるほか、模擬坑道などもある。 いわき市石炭・化石館 (0246)42-3155
いわき市アンモナイトセンター アンモナイトの化石はもちろん、情報検索システムにより太古の歴史をのぞくことができる。月2回(第2土曜・第4日曜)の体験発掘もあり。 アンモナイトセンター (0246)82-4561
白河市 福島県文化財センター白河館(まほろん) 福島県内で行われた埋蔵文化財の発掘調査の成果を公開し、合わせていろいろな古代の技術を体験していただくことを目的とした施設。発掘調査によって得られた遺物などを収納、保管し、広く公開する役割も兼ね備えています。 県文化財センター白河館(まほろん) (0248)21-0700
藤田記念博物館 松平定信公ゆかりのもの。歴史、美術資料を展示。 藤田記念博物館 (0248)24-1780
原町市 野馬追の里原町市立博物館 国指定重要無形文化財である「相馬野馬追」をはじめ、原町市を中心に周辺地域の自然、歴史(原始〜現代)、民族をテーマにした展示を行う。年2回程度の企画展や、昔の暮らしや生活用具について学ぶ体験学習や歴史講座も開催している。 野馬追の里原町市立博物館 (0244)23-6421
須賀川市 須賀川市立博物館/須賀川市歴史民族資料館 江戸時代の代表的な洋画家・亜欧堂田善の作品や、上人壇遺跡(奈良時代)山寺経塚からの発掘品や、郷土資料の展示。 市立博物館 (0248)75-3239
ムシテックワールド うつくしま未来博の「なぜだろうのミュージアム」として活用されているパビリオンが、「ムシテックワールド」としてオープンする。昆虫の生態や科学の原理、先端技術を通して、生活や環境を見つめなおす。 ムシテックワールド (0248)89-1120
喜多方市 桐の博物館 日本で最初の桐の博物館。桐のやさしさ、あたたかさなどの感触を実際に体験できる。下駄鼻緒付け、絵馬製作体験、ミニ下駄製作体験も可(有料・要予約) 桐の博物館 (0241)22-1911
会津うるし美術博物館 かつての大地主風間善九郎の離れ座敷に、漆の塗り師田中亨の作品などを収蔵。隣接する蔵座敷あづまさでは、土産物の販売の他、手打ちそばも食べられる。 会津うるし美術博物館 (0241)24-4151
相馬市 相馬市教育文化センター博物館 第1展示室には相馬市出身の彫刻家佐藤朝山(玄々)の遺作と相馬駒焼を常設展示。第2展示室には相馬藩関係と御仕法(二宮仕法)、相馬野馬追の資料などを展示。 市教育文化センター博物館 (0244)37-2191
昭和村 からむし織の里 本州推一の生産地で、昔から変わらぬ手法により受け継がれてきたからむし織の、資料や着物を展示する工芸博物館と、からむし織りやアケビツル細工、わら細工、押し花などの体験ができる織り姫交流館がある。 からむし工芸博物館 (0241)58-1677
塙町 木の博物館 ケヤキ、カエデ、トチ、モミ、ブナ、ツツジ、ポプラなど広葉樹60種300点を展示。 木の博物館 (0247)43-1480