福島県内の秘湯温泉

名称 市町村名 ガイド 問合せ先 TEL
不動湯温泉   福島市 常磐の湯、羽衣の湯、露天風呂があり、いずれも源泉を異にしている。 不動温泉 (024)595-2002
川上温泉 福島市 舘10m、横4mの秘湯、万人風呂ではお湯が滝のように流れている。半分露天の半天がん窟風呂、家族風呂2ヵ所あり。 川上温泉 (024)595-2136
東海温泉 福島市 自然の滝を見て、四季のうつろいを感じながら入る露天風呂が有名。 東海温泉 (024)595-2139
赤湯温泉 福島市 昭和のはじめに営林署の保養所を譲り受けて開湯。ブナ、白樺の原生林の中での森林浴が爽やか。 好山荘(冬期休業) (0242)64-2317
鷲倉温泉 福島市 鬼面山を望む高原の静かないで湯。安達太良山や吾妻山への登山基地として便利。露天風呂あり。 鷲倉温泉高原旅館(冬期休業) (0242)64-3224
新野地温泉 福島市 ブナと白樺に囲まれた一軒宿。吾妻スカイライン観光、吾妻、安達太良を結ぶスキーツアーの拠点。露天風呂あり。 相模屋 (0242)64-3624
幕川温泉 福島市 露天風呂あり 水戸屋
吉倉屋
(0242)64-3149
(0242)64-3617
黄金温泉 郡山市 日本3大金山として有名な高玉金山にオープンした温泉。金山から湧き出る温泉はラジウム鉱、トルマリンが含まれており、露天風呂やサウナもある。 高玉金山 (024)984-1220
明治湯 天栄村 妙見山の山すそにある鉱泉宿。秋には羽鳥湖方面に紅葉狩りに。 明治湯 (0248)82-2017
二岐温泉 天栄村 二岐山山麓に湧く温泉で、開湯は1200年前に遡る。天然そのままの岩風呂と湯煙が漂う風情と、四季の移り変わりが楽しめる渓流沿いの温泉。 天栄村観光情報センター (0248)85-2222
木賊温泉 舘岩村 西根川渓谷の秘湯。会津の隠れ湯だったと伝えられ、川床の岩盤の間から湯が湧き出す露天風呂がある。男女別の広瀬の湯もあり。 舘岩村観光協会宿泊予約センター (0241)78-2546
渋沢温泉 桧枝岐村 三条ヶ滝の下流3km。尾瀬と奥只見の中間にある自然ブナ林の中の一軒宿。 渋沢温泉(10月下旬〜5月中旬休業) (0241)75-2105
桧枝岐温泉 檜枝岐村 温泉スポーツ館アルザ尾瀬の郷には、打たせ湯、寝湯、大露天風呂などがある他、25メートルの公認プールやウオータースライダー、ミストサウナまで揃う。村内には公衆浴場もある。 尾瀬桧枝岐温泉観光協会 (0241)75-2432
山口温泉 南郷村 伊南川のすぐ近く。 山口温泉 (0241)72-2588
宮床温泉 南郷村 天然の温泉。南郷スキー場の近くにあり、若者から高齢者まで人気がある。「火曜定休」 宮床温泉 (0241)72-2589
横向温泉 猪苗代町 福島に通じる土湯峠の西麓にあり、古来宿所兼湯治湯に利用された。 森の旅亭磐梯 (0242)64-3911
大塩温泉 金山町 弘法大師が発見したという由来を持ち、古くから美人の湯として親しまれている。 金山町観光協会 (0241)54-2311
甲子温泉 西郷村 渓流を背にした林間の高原温泉。夏は阿武隈川での渓流釣り。 甲子元湯大黒屋 (0248)36-2301
谷中温泉 表郷村 のんびりと田舎温泉の情緒を満喫できる。ここからは白河の関や南湖公園も近い。 谷中温泉旅館 (0248)32-3932
志保の湯温泉 塙町 杉木立を背にした静かな山間の温泉。春は山菜取り、秋葉キノコ狩りが楽しめる。二本ある湯滝が名物。 志保の湯 (0247)43-1273
風穴の湯 鹿島町 カヤ刈で傷ついた職人たちが、石灰岩の岩場から涌く冷泉で傷を治していたと伝わる。 風穴の湯 (0244)46-2774
郡山市内・温泉付の宿・ホテル 福島県内の温泉地 公共の温泉宿(8,000円以内〜12,000円)