中通り地方

市町村名 名称 ガイド 問合せ先 TEL
福島市 凍とうふ 独特の製法で作る豆腐が野外で寒風と天日にさらされ、栄養たっぷりの保存食品になる。
福島市南東部の立子山地区はその産地として有名で、農家の軒先につるされる凍とうふの
「のれん」は、福島の冬の風物詩にもなっている。
福島市観光課 (024)525-3722
いかにんじん 主に県北地方に伝わる郷土料理で、するめいか、にんじん等を細く切り、しょうゆ、酒、みりん
などで漬け込んだもの。冬の寒い時期に作られ、正月料理としても食されている。
もも会席 地元産桃を素材に、スープからデザートまで豊富なメニューの会席料理。
7月下旬〜8月末日の季節限定料理
しんはま会館 (024)531-5551
手作りこんにゃく 全国でもここだけというごま・人参・かぼちゃ・豆乳・熊笹・マイタケを使用したこんにゃく。
原料のこんにゃく粉は、地元荒井産特等粉100%で、着色料・保存料は
一切使用していません。
こんにゃく工房
金蒟館
(024)595-2044
郡山市 アカハラの
天ぷら
アカハラとは猪苗代湖でとれるハヤのこと。産卵期のハヤのおなかが赤くなることから
郡山ではそう呼ぶ。高温でカラッとあげた天ぷらは淡白な味で、湖南町の名物となっている。
他に山菜みそ味で焼き上げたハヤでん、うま煮なども。
市観光物産課 (024)924-2621
コイ料理 県産の過半数をしめる郡山市は、その質の良さでも有名。
甘煮、あらい、鯉こく、フライなど様々な料理が磐梯熱海温泉でも賞味できる。(要予約)
正月荘 (024)983-3199
伊達市 あんぽ山菜
ちらし膳
町特産のあんぽ柿を使った料理。11月下旬〜3月の期間限定(要予約) 万よし (024)577-0041
あんぽ柿 11月初旬から1月にかけて梁川町では、柿を自然の寒風にさらしてあんぽ柿作りが
行われる。透き通るようなアメ色のトロリとした果肉は栄養価も高く、繊維質も豊富な
健康食品として人気がある。
伊達市
商工観光課
(024)577-3175
白沢村 しらさわ宝漬 地元の新鮮な野菜をふんだんに用い、まごころこめて漬け込んだ8種類の漬物。
福島県のブランド化選定産品選定賞、台37回福島県農業賞を受賞している。
単品と箱詰めセットがあり、贈答用に最適。
白沢村農産
加工グループ
(0243)44-4246
西郷村 ニジマス料理 恵まれた気候と水を利用してのマスの養殖が盛ん。養殖場内では新鮮な
ニジマス料理をいつでも食べることが出来る。刺身をはじめ定食、鱒丼などがある。
村商工観光課 (0248)25-2111
棚倉町 棚倉四季膳 自家製さくらこんにゃく、有機野菜の煮物、シャモ肉のしゃぶしゃぶ等
さまざまな料理が楽しめる。
ルネサンス棚倉 (0247)33-4111
じゅうねん
アイス
じゅうねんの香りが口の中いっぱいに広がり、さっぱりとしている。
矢祭町 さしみこん
にゃく
健康食品として人気があり、別名「山ふぐ」と言われるほど美味。町内の飲食店、
商店で飲食、購入できる。
町観光協会 (0247)46-3131
塙町 玉合わせさしみ
こんにゃく
さしみコンニャクを薄切りにしてしょうが醤油で食べる。美容と健康の自然食でもあり、
またそのコキコキとした歯切れの良さも楽しめる。
町企画振興課 (0247)43-2112
三春町 三角揚げ
ほうろく焼き
三角形の油揚げの中にきざみねぎなどをはさんで焼き、木の芽やゆずの
香りのする甘みそで食べる。
三春の里田園
生活館
(0247)62-8010
会津地方 いわき地方 相双地方