浄土松公園と源義家伝説                      

 浄土松公園は、キノコ岩と呼ばれる奇岩が独特の景観を見せてくれる場所としてお
なじみです。八幡太郎義家“源義家”の伝説にまつわる郡山市逢瀬町の名所を回ります。

 この地を盗賊に滅ぼされてしまい、その盗賊が乱暴で、住民はほとほと困り果ててい
たところに、義家が住民の頼みを聞き入れ、義家の家来である鎌倉権五郎景政が4人
の兄弟とともに盗賊を滅ぼします。その後、この地は権五郎景政の子孫が支配する
ことになり、姓を「ただの」と改め、館を築き、浄土松を庭園として愛したといいます。
 

 
 
郡山市多田野の浄土松公園は、キノコ岩と呼ばれる奇岩が独特の景観を見せてくれる場所、昔からその岩を、海に浮かぶ大小の島に見立て、「陸の松島」「水無き松島」と呼ぶ人もあったとか。
   
浄土松公園の近くに「清水池」という小さな池があります。周囲を小公園に整備されたこの池は、郡山市の水道発祥の地なのです。明治45年に安積疎水による近代水道が完成する以前の郡山の水源として、明治23年にこの場所から11kmの木管を繋ぎ合せて水を引き、市街地への給水が開始されました。
 コース

 郡山市内 〜 清水池公園「ふくしまの水30選」 〜 浄土松公園駐車場・・・徒歩
       (20分)                          (2分) 
 ・・
(徒歩10分)・・・天然きのこ岩・・・駐車場〜郡山市内

               

 申し込み:※一週間前までに要予約。

料金:小型タクシー1台(2時間30分) 
10,000円〜

実施期間:通年