新白河駅出発周遊バス

塔のへつり・大内宿号

 旅行日 10月7日(金)〜3月31日(金)
       運行日 10月7日(金)〜11月13日(日)毎日運行
       
            11月14日(月)〜3月31日日(金)金・土・日・祝日 運行


新白河駅(東口) ⇒ R289(甲子街道) ⇒ 甲子高原 ⇒ 座頭ころばし展望台(車窓) 10:00 10:15発 
 ⇒ 甲子大橋「標高1000メートル」 ⇒ 南会津郡下郷町 ⇒ 塔のへつり(奇岩・怪石)
                                            (20分)
 ⇒ 湯野上駅「萱葺きの駅舎」車窓 ⇒ 大内宿(宿場町)「国の重要伝統的建造物群

                                           
 保存地区」 ⇒ ※大内ダム(紅葉) ⇒ ※氷玉峠(絶景ポイント) ⇒ 芦ノ牧温泉
   14:45発         
 ⇒ 会津若松市「鶴ヶ城」 ⇒ 会津若松駅(降車) ⇒ 東山温泉(武家屋敷降車)
           16:30発       16:45頃            17:00頃
【塔のへつり】へつりは会津方言で「川に迫った断崖の意味。百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返し奇岩・怪石が
       塔の様に林立した見事な景観を創りました。
【大内宿】  江戸時代の宿場を今に残す、参勤交代の大名行列もこの街道を通る。会津と今市を結ぶ重要な街道でした。
       (雪祭り 平成29年2月11日(土曜日) 12日(日曜日)に第31回大内宿雪祭りが開催されます。)
【若松城】   昭和40年9月に市民の熱意により鶴ヶ城が再建される。平成23年春には幕末時代の瓦(赤瓦)をまとった
       日本で唯一の天守閣となりました。
      (絵ローソク祭り 平成29年2月11日(土)〜13日(月). 開催時間, 17:30〜21:00. 会場名, 鶴ヶ城、御薬園、
       市内 各所で開催)
塔のへつり  湯野上温泉駅 
写真提供:下郷町
大内宿  会津鶴ヶ城 
奇岩・怪石  会津田島駅と会津若松駅間
運行お座敷とトロッコ電車です 
ちょうど昼食時間の散策になりますので、名物のネギの箸で食べるお蕎麦をどうぞ!  その時の乗務員により、通常の見学地ではなくめったに見れない見学場所に案内するかも?お楽しみ
お一人様料金 5,400円

※関東地区からのお申込みは各駅びゅうプラザより「宿泊・新幹線往復パック」がお得です。
  
お申込はメールまたはお電話で  TEL 024−945−1313 「孫の手トラベル」 

大内宿は40件の萱葺き民家が立ち並び、大名の参勤交代の宿舎であった本陣も復元されている。大内宿で有名なネギの箸で食べる「ネギそば」を食べて見て下さい。大内こぶしラインの素晴しい紅葉を心ゆくまでご堪能下さい。