達人ガイドと行く
檜枝岐歌舞伎

日次 スケジュール    2018年8月18日(土)
@
郡山観光車庫 = バス車内で達人ガイドから「演目の紹介と檜枝岐歌舞伎の説明」」を
   13時出発
  = 檜枝岐到着後お弁当での夕食 = 18時の開場まで歌舞伎伝承館を自由見学
 
 = 19時開演(約2時間)21時半頃出発 = 当社25時頃到着 = ご自宅
 
 

江戸時代より親から子、子から孫へと伝承されてきた奉納歌舞伎。現存資料の中に270年以上前に購入された浄瑠璃本が残っていることから、それ以上の歴史を持っているといわれる。舞台は鎮守神の境内にあり、国の重要文化財に指定されている。観客席は神社への坂がそのまま使われ、夕方より上演されます。役者は全て村の住民で、その表現力は高く評価され、現在では貴重な農民芸能として多くの観客を集めている。

歌舞伎舞台会場  
ツアーご案内
[檜枝岐歌舞伎 ] 座の名称は「千葉之家花駒座」、座長は現在10代目星長一氏、座員は裏方さんも含め30名ほどです。。
          県指定重要文化財。
[ 伝統芸能 ] 役者の方々は全て村の住民で、自分の仕事を持っておられる中、寸暇を割いて練習されております。
         県指定重要文化財。
[上  演] 観客席は露天で、神社への坂がそのまま自然の観覧席になっており、夕方より上演されます。
       夕闇が深まる中での鑑賞は、その昔上演された雰囲気を十分に伝えてくれます。

[時  間] 18:00より開場、19:00開演で(約2時間)21:30の出発まで舞台を観賞。

    ツアー料金 9,800円(ご自宅からの送迎・夕食付き)
 〇檜枝岐歌舞伎達人ガイドがバス車内にてご案内致します。
  お問合せはメールまたはお電話で  TEL 024−945−1313 「孫の手トラベル」