開拓者の軌跡と安積疏水

日本遺産
郡山市の発展の基となったのが猪苗代湖から郡山市まで水を引いた「安積疏水」。奥羽山脈にトンネルを掘削することで、郡山盆地まで導水する一大事業であった。2016年日本遺産に認定された疎水をたどりながら郡山市の発展の歴史を楽しみましょう
十六橋水門
 @ 未来を拓いた「一本の水路」コース
       運行日  4月1日 〜 11月31日 毎日運行
       
       
(12月より3月までは休業いたします。(積雪のために見学が出来ないところもある為に)

JR郡山駅または市内 ⇒ 麓山公園(麓山の飛瀑) ⇒ 安積疏水土地改良区(車窓)

⇒ 中條政恒邸跡 ⇒ 開成館 ⇒ 開成山大神宮(参拝) 
⇒ 熱海町「丸守発電所」・

「熱海頭首工」 ⇒ 「竹ノ内発電所」 ⇒ 「沼上発電所」 ⇒ 猪苗代湖「上戸頭首工」

 ⇒ 十六橋水門とファンドールン銅像 ⇒ 
郡山市内
      
【麓山の飛瀑】 明治15年(1882)に完成した安積疎水を記念して作られた。
【開成館】 安積開拓と安積疏水の開さくの歴史に触れることが出来ます。
【開成山大神宮】 明治9年(1876年)、大槻原開墾をなしとげるための人心のよりどころとして、伊勢神宮の御分霊を
           この地に奉遷。以来、「東北のお伊勢さま」として、地域住民の尊崇を集めてきました。
【熱海頭首工】 熱海頭首工は老朽化した安積疏水の用水路改修事業により、新設された7ヶ所の頭首工の一つ。1973年
          (昭和48年)に完成し、安積平野の農業用水の源に当る取水口として活躍しています。
【発電所】 猪苗代湖からの豊富な水流を利用して沼上発電所・竹ノ内発電所・丸守発電所が建設されました。
【上戸党首工】 猪苗代湖から郡山方面へ水を引き入れるための取水口です。1秒間に最大約15トンの水を疏水に送る
          ことが可能です。
【十六橋水門】 
阿賀野川水系の一級河川である日橋川の水門です。十六橋水門の脇には猪苗代湖開削事業の功労者、
          オランダ人技術者ファン・ドールンの銅像が建っています。

 タクシー料金小型1台 6時間 30,000円〜

※案内ガイドのお申込みは3日前までにお問合せ下さい。
 
 A 安積開拓に懸けた先人たちの夢コース
「旧九藩の入植者碑と神社」
             運行日  毎日運行
              

JR郡山駅または市内 ⇒ 中條政恒邸跡(安積開拓(あさかかいたく)の父) ⇒ 郡山開成館

 ⇒ 開成山公園(開拓者の群像) ⇒ 二本松藩入植者碑(開成山大神宮) ⇒ 土佐藩入植

者碑(喜久田町松ヶ作 豊受神社) ⇒ 鳥取藩入植者碑(喜久田町堀之内 宇部神社) ⇒ 

久留米藩入植者碑(喜久田町早稲沢 水天宮・金比羅神社) ⇒ 棚倉藩入植者碑(喜久田町

外佐衛門段 三柱神社) ⇒ 岡山藩入植者碑(熱海町安子ヶ島) ⇒ 会津藩入植者碑(大槻

町南原) ⇒ 米沢藩入植者碑(三穂田町駒屋) ⇒ 松山藩入植者碑(安積町牛庭 三嶋神

社) ⇒ 久留米藩入植者碑(久留米三丁目 水天宮) ⇒  郡山駅・市内
      
【中條政恒邸跡】 作家、宮本百合子は安積開拓の父、中條政恒の孫にあたる。今、跡地は公園で碑が建っている。
【開成館】 明治7年に区会所(郡役所の前身)として建築され、貴重な擬洋風建築で、安積開拓のシンボルです。
       開成館では、安積開拓にまつわるさまざまな資料を見ることができます。
       開館時間10:00〜17:00 入館料(一般210円・高校大学130円・中学生以下、60歳以上、障害者手帳をお持ちの方は無料)
       休館日:毎週月曜日・月曜日が祝日の場合は翌日 年末年始(12月28日〜1月4日)
タクシー料金小型1台 1時間5,800円〜

※案内ガイドのお申込みは3日前までにお問合せ下さい。
  
お申込はメールまたはお電話で  TEL 024−945−1313 「孫の手トラベル」